トップ / 葬儀に着用する服装の事で

葬儀に着用する服装の事で

葬儀のマナーの事

通夜

葬儀の服装は喪服を着用

葬儀の服装は男性も女性も喪服を着用するのがマナーの基本でしょう。施主である遺族や近親者などは、いつも弔問客よりは、より深い服喪をあらわす装いをする必要があります。弔問を受ける場合は男性も女性も略式喪服程度にします。葬儀の場合は男性も女性も正式喪服を着用します。もっていない場合には若い人なら貸し衣裳をかりるか、手持ちの黒のスーツに黒のネクタイ、黒の靴にします。女性は洋装正式喪服はドレス、アクセサリーすべてを光沢のない黒の服装に統一します。バック、手袋、靴も黒にします。デザインはおとなしいスーツ等がおすすめです。

お葬式での服装について

葬儀の際には黒を基調とした装いで哀悼の意を表します。喪服には正喪服と略喪服があり、年齢や地域によっても変わります。男性の喪服は、ブラックスーツで、Yシャツは白を着用し、ネクタイ、靴下、靴は黒で統一しましょう。女性の服装は、洋装が一般的で、長袖の襟元の開いてない黒のワンピースやスーツです。略礼装であれば黒でなくてもよいのですが、地味なグレーな濃紺などの色無地の紋付に黒帯の準礼装か、吉祥文様のない小紋の略礼装が良いでしょう。いずれの場合も、葬儀では、光沢のある素材や透ける生地は用いないようにしましょう。

↑PAGE TOP