トップ / 葬儀で飾られる花について

葬儀で飾られる花について

葬儀のお花の事で

通夜

葬儀に贈られる花には種類がある

葬儀のときに祭壇に飾られる供花(きょうか・くげ)がありますが、これはお悔やみの気持ちを伝えるために、故人と親しく関わりがあった人や、会社関係、親戚などが贈り、式場や祭壇に飾られるものになります。これを贈る際には、少し注意をする必要があります。それは、故人の宗派や、地域、葬儀が行われる場所、遺族の方の意向などを考えることが大切になります。また、祭壇に参列者が供える、献花(けんか)というものがあります。これは、焼香の際に1本祭壇に手向けるものになります。宗派や地域によって違いがあることを、知っておくことが大切でしょう。

故人への花のお供えについて

葬儀のお知らせを受けたときには、まずお通夜、告別式に参列する算段をしますが、同時に、身近な方が亡くなった場合は、お花をお供えすることにも気を配ります。このとき、業者へ電話して、お願いする方法と、亡くなった方のご遺族へ連絡して手配を頼む方法と二種類があります。心得た業者の場合は、ご遺族へ連絡するのと何ら変わりがありませんが、そうでない場合は、次の点に注意が必要になります。それは、外に飾るものがいいのか、会場内に飾るものがいいのか、あるいはお供物という形で缶詰めなどがいいのかということです。葬儀の会場の広さや、飾り棚の関係もあるので、「何かお供えしたいのですが、」という言葉から、率直なご要望にお応えするのが一番です。

↑PAGE TOP