トップ

葬儀をおこなう為の知識は

葬儀の日程などは

通夜

葬儀の日程について。

長年一緒に暮らしてきた家族が亡くなると、心を痛めて何をするのも考えられないといった喪主の方もおられます。しかし、喪主にとってはまず悲しむことも大事ですが、先に葬儀の日程や予定を考えなければいけません。家族葬にするか盛大に上げるかはその家庭次第ですが、亡くなられた故人の友人やお世話になった人くらいは呼んでおいた方が良いでしょう。もう二度と故人と会うことは出来ないため、人として最後のお別れはしたいと思うものです。葬儀の予定は葬祭会社や宗旨、宗派や地方などにより異なるため、お願いしている僧侶の方に聞くと正しい答えが返ってきます。

お葬式の日程を決める時

葬儀の日程を決める時、関係するすべての人々の意見に耳を傾けていると、意見がまとまらず、葬式が出来なくなるという状況に陥ります。それを行う時は故人により近い人物の日程を優先するべきです。これのために事前に会場をおさえておく事は出来ないです。家族や関係者は限られた時間の中でそれを行う時を決める事が重要です。葬儀の日程を決めた後に出席出来ない人から家族にクレームを言うケースがあります。そのような事に直面した時はあまり考えず、無事に式を終わらす事に全力を注ぐべきです。早めに落としどころを決めるとスムーズにそれが行われます。

新着情報

↑PAGE TOP